蓋猪口

ペットボトルの蓋に注いで飲むことがマイブームだった幼少期。なぜか普通に飲むよりおいしく感じていた気がした。あのわくわくした体験を手繰り寄せるように、実物の蓋から型を取り、錫で仕上げたお猪口。キンキンに冷えた一杯になるという点で、あの時のおいしさを少しだけ超えた気がする。