使えない貯金箱

入れることはできても取り出すことができない、金属で密閉された貯金箱。

硬貨を入れようとするその瞬間、1円玉と500円玉では感情の重さがはるかに異なることに気づく。

この心のざわめきは、金属の塊であるという点で等しいはずの貨幣の存在に乗せている、私たちのあぶり出された感情である。

これはお金という存在の不確実性に対する思考の巡りである。