top of page
SUSAB|soap

平安時代に存在した“舌すさび”という道具。

すさぶ (遊ぶ)とは気の向くままに何かをすることや慰み興じることを意味し、舌すさびとはつまり舌を慰める口内遊具であった。

この遊具から着想を得た【SUSAB】シリーズは、身体の五感を慰める機能を持った道具である。

近年、見かける機会の少なくなった固形石鹸。使うほどにかたちを変え、小さくなったら新しいものと合体させて使ったりもする。それは、私たちの手が無意識に作り出す彫刻作品のようである。

【SUSAB|soap】は、そんな使いかけの石鹸を模した、手を慰める道具。手に馴染むことは言うまでもなく、無意識にコロコロと転がしてしまう心地よさと、素材のアルミから伝わるヒンヤリとした触感は、次第に体温と同調し、安心感へと変化する。物が持つ物理的機能を超えた、精神的効能に着目した道具です。

​ご購入はこちら

bottom of page